知っておきたいコピー機のリース契約の特徴

コピー機のリース契約で失敗しないために、知っておくべきポイントがいくつかあります。まず最初に借りるという観点から混同されることが多いレンタルとの違いですが、レンタルの場合には数か月程度で利用するのがお得です。それ以上になると費用面で負担が大きくなりますので、年単位での利用を考えている時にはリースが良いと言えます。また、途中契約を行えるのはレンタルのみとなっていて、その分初期費用がかかってしまいます。

会社のような組織では一度使い始めたら数年にわたって使い続けるのが基本ですので、レンタルでは用途的に合致しないでしょう。最新のコピー機を導入する場合でも、初期費用はかかりません。つまり、お金をかけずに快適な業務環境を手に入れることができる方法であり、月々の支払いは経費として計上できます。所有権はリース会社にあるため、どんなに良いコピー機が置いてあっても固定資産税を支払う必要はなく、減価償却費の計算もいりません。

月額料金となっているため、コストの管理がしやすいのもメリットです。よく勘違いされることがありますが、契約できるのは新品のみとなっています。古い型の契約を結ぶ場合でも新品となっているため、真新しいコピー機を快適に使うことができる方法です。契約時にはリース会社による審査が行われ、審査に通過すると借りることができます。

月々の支払はとても安く、経費の心配をするような額にはならないので、小規模な経営をしている場合にもピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です