良い面がたくさんあるコピー機のリース

リースできる業者を探して打ち合わせをした上でコピー機を借りるとなると、手間がかかって面倒に感じるかもしれませんが、多くのメリットがありますので購入する場合とどちらが良いのかを確認してみましょう。もっとも大きなメリットとして覚えておきたいのは、導入費用をかなり安く抑えられることです。特に最新の複合コピー機は非常に高額であり、よほど激しい使い方をするのでなければ購入するのは現実的ではありません。大勢で頻繁に使うようなケースでは購入することも選択肢に入りますが、そうでなければリースをするのがお勧めです。

小規模の会社でも、少ない初期費用で最新の複合コピー機を用意できます。リース契約を結んで社内に機器が到着しても、所有権はリース会社にありますので、会社の財産にかかるような税金が発生しないのもメリットです。固定資産税や減価償却費を心配する必要がなく、気軽に利用できます。税金のことを考えてこのような契約を結ぶというケースも実際にとても多くて、会社の財産にしなくて済むというのは見逃せません。

契約したら数年間は解約することができませんが、満期を迎えたら再び別の機種を導入することが可能です。使用している数年の間に故障するようになったり機能面で不満を感じるようになったりして、別の機種を試したいと考えることが多いのですが、リースなら満期と共に最新機種を取り入れることができますので、業務をスムーズに行う上でも便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です