コピー機をリースする時のポイント

コピー機のリース契約を結ぶ時のポイントですが、実は取り扱われている機種よりも業者の質がとても重要です。調べてみると取り扱われている機種には大きな差はなく、ほとんどが同じような機種を用意しているため、そのあたりの心配はありません。しかし、業者によって対応は大きく異なるため、契約を結んだ後に快適に使い続けることができるのか、不快な思いをして次の契約を見送るのかは見極めるための情報収集にかかっています。リース会社は費用面を前面に出してアピールすることが多く、確かに安く借りられるのは魅力です。

ただし、安さだけで選ぶとアフターサービスもろくに行われておらず、故障が発生した時に戸惑うかもしれません。精密機器であるコピー機は、それほど頻繁に使っていなくても壊れる時があります。壊れたらリース会社の保守範囲内で直してくれるはずですが、それが数日後になるのかその日のうちに対処してくれるのかで、利用する側の印象も大きく異なります。サポート体制がきちんとしている場合には、早急に対処してくれますので業務に支障をきたしません。

契約時にはアフターサービスの面まで話が広がらないことも多いので、必ず聞いておくように心がけましょう。トータルコストの確認も必須であり、コピー機の見積書を出してもらう際には保守まで含めた価格で見積もってもらうのが正解です。保守にもいくつかの種類があり、どのタイプが合っているのかを見極めるために複数パターン用意してもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です