コピー機のリース利用をするときの値段の相場

複合機(コピー機)のリース利用をするときの値段の相場についてですが、車などと違ってそこまで高くつくわけではありません。月に5千円から1万円も出せば比較的簡単に借りられますので、オフィスをもって起業をする場合には便利です。会社によっては、3千円という激安価格で機械を借りられるところもあります。借りられる機種については新品のものが基本であり、中古のものに関しては現金購入だけとなっています。

ただ覚えておきたいこととしてコピー機のリース契約は、コピー機本体のリース料金だけではなく保守料金も一緒に請求されますので留意しましょう。保守料金とは、定期的なメンテナンスや修理対応などにかかる料金のことです。この場合、カウンター保守と呼ばれる契約形式で専門の業者と結ぶのが一般的といえます。カウンター契約では、複合機に内蔵されているカウンターが、モノクロ・カラーそれぞれの枚数をカウントし、使用枚数によってカウンター料金が請求される仕組みです。

その相場は、モノクロで1枚当たり2円から3円程度となっておりカラーでは1枚につき15円から25円の料金が発生します。このカウンター料金を支払うと、定期メンテナンス・故障時の修理対応・機械の中のトナーなどといった消耗品の交換などの保守サービスを無料で受けられます。コピー機のリース料金を導入することで、税務上認められた期間でならば全額を経費で処理することができ節税になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です