コピー機をリース契約すると初期費用がかからない

コピー機の導入方法は複数ありますが、その中でも人気が高いのがリース契約をする方法です。コピー機をリース契約すると様々なメリットがありますが、その一つに初期費用がかからないというポイントがあります。起業初期は何かと物入りで、コピー機をはじめとした高額なOA機器を全て用意するのは難しいと考えている経営者は少なくありません。しかし初期費用が発生しないリース契約なら、購入時に発生するはずだった初期費用を会社の運転資金に回すことができるので有意義に資金を利用することができるメリットがあります。

初期費用がかからない事以外にも、最新機種を選んで導入することができる点も人気の理由です。レンタルの場合借りるコピー機の種類は自分で選択することが出来ないため、最新機能を搭載した最新機器をリーズナブルな価格で借りることができるため、金銭面的にもメリットは大きいと考えられています。金銭的なメリットは他にもあり、保守サービスの料金を安く抑えることができることが挙げられます。コピー機の保守サービスとは毎月保守料金を支払うことによって、定期的にメンテナンスを格安料金で受けることができるサービスです。

リースで導入した機器の保守サービスなら、中古で機器を購入する場合と比較しても半額まで抑えることができることもポイントとなっています。そして月額料金は税法上全額経費として処理することができることや、所有権はリース会社にあることから減価償却の手続きを行う手間がかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です