コピー機をリースにした方が良い場合

会社を経営しようと思う場合コピー機をリースにした方が良いか購入した方が良いか迷うことでしょう。さらにはレンタルと言う手段もあります。それぞれにメリットとデメリットがありますから、会社の状況に合ったものを選ぶことが大事です。リースにした方が良い場合は使用期間が短いときです。

どのくらい使用するか分からないといった予定がはっきりしていない場合などは特にそういえます。会社によって料金体系いやサービスは異なります。途中で契約を解除できない場合もあるので、契約内容をよく確認しなければいけません。リースの場合はコピー機のインク代や紙代が組まれている場合もあります。

また補修点検の費用も入っているのでとても便利です。使用頻度も重要な要素の1つです。例えば頻繁に使用するならリースやレンタルが良いでしょう。コピー機のリースは期間で決めるものなので、その間にどれほど使っても自由だからです。

せっかくコピー機を借りたのに1週間に1度しか使わないならどうでしょうか。1週間に何回使うとしても料金は同じです。それなら毎日使った方が良いことになります。しかし会社の職種によってはあまり使わないこともあるでしょう。

そういった場合は安いコピー機を購入した方が経済的です。判断を自分でできない場合があるかもしれません。そのような時は専門家に相談して決定しましょう。購入する場合は予算に上限があります。

そうなると最新の機器は購入できないこともあります。しかしレンタルなら最新の機器を借りることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です