コピー機はレンタルとリースどちらで導入するか

オフィスでは、コピー機は欠かすことができない存在ですが、いざ購入となると多くの費用も発生します。そして、購入後も減価償却などが面倒だと感じている人もいるのではないでしょうか。業務用のコピー機は高価なものが多くなっていますが、レンタルやリースを利用すればまとまった初期費用を用意する必要がなく、より気軽に導入することができます。レンタルとリースは同じような意味と考えている人もいるかもしれませんが、実際には違うサービスです。

レンタルの場合は数日など短期間から利用できますが、リースの場合は長期の契約になりますし、途中解約はできません。使用頻度がそれほど多くない、まずは気軽に試してみたいという場合は短期間で解約できるレンタルを選んでみてはいかがでしょうか。長期間となるとリースより高くつくことになりますが、イベントの際など、限られた期間だけ使うのであれば短期間で利用できるレンタルのほうが向いています。中途解約もできますし、支払いは経費で処理できます。

導入スピードも速く、減価償却といった事務処理が必要ないのもメリットです。この場合は、機器は新品ではなく中古品が用意されることは理解しておきましょう。コピー機を貸し出している業者はいくつかありますが、業者ごとに利用料金は違いがありますので、複数社で比較して相場を知っておきましょう。一括見積りなどを利用すれば短時間で多くの業者から見積もりをとることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です