コピー機をレンタルで導入するメリット

コピー機をレンタルで導入するメリットとしてまず挙げられるのが、初期費用が掛からないという点です。購入での導入となりますとそれなりの価格となります。特に今ではコピー機も高性能となっており、価格も高くなっています。このため購入しての導入となりますと、かなりのコストがかかり、経費節減に取り組む企業にとってはかなりの負担となります。

その点、レンタルによる導入であれば、こうしたコストはかからず、月額料金だけ支払えば良いので、非常に便利と言えます。また、節税対策という意味でもメリットがあります。コピー機を購入で導入した場合は会計上、固定資産となるため、固定資産税という税金がかかります。これも経費節減に取り組む企業にとっては大きなコスト負担となります。

一方、レンタルでコピー機を導入した場合、会計上は費用計上となりますので、固定資産はかかりません。したがって、税金の支払もしなくて済むというわけです。そして特に大きなメリットが必要なときだけ導入することができるので非常に効率的と言う点です。これは使用頻度が少ない場合にはとりわけ大きなメリットと言えます。

購入による導入となりますと多額のコストを掛けたわりには使用頻度が少なく、非常に効率が悪くなります。レンタルであれば、必要なときだけコストを掛ければ良いので、非常に効率的と言えます。セミナーなどのイベント時において導入が必要なときには、こうしたレンタルが非常に有効となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です