最新コピー機を導入したいならリースを活用しよう

キャノン、富士ゼロックス、シャープ等と言ったコピー機メーカーが最近は大変機能性の高いコピー機複合機を誕生させているということは、ご存知でしょうか。操作などが必要になった時などでも簡単にインターネットから機能を拡張していくことなども簡単ですし、クラウド上のデータと連携することで、スマートフォンなどで、遠隔地から操作をすることなども簡単に出来るようになっています。しかも大画面のタッチパネル式を使っているので、スマートフォンを操作するような感じで直感的に様々な複雑な操作ができるようにもなりますし、機会が苦手な従業員などが入るケースであっても、わざわざ教育をするなどといった無駄なコストを削減することができるようになるのです。問題となるのは1台あたりの導入費用ですが、大体平均価格は30万円から40万円程度かかってしまうということが問題ではあります。

しかしながら現在はコピー機のレンタルサービスやデイサービスが充実しているので、そちらを活用して手軽に月々10万円程度で利用を始めていくという形をとるのがおすすめです。リースもレンタルもどちらも貸し出しという意味では同じですが、契約期間が長期に及ぶケースをリースと呼ぶ傾向があります。長期の契約をすれば、ひと月あたりの支払いもかなり安く抑えることができるようにもなりますし、その契約が終わった時にまた新しく誕生しているコピー機に簡単に乗り換えて再リースをするなどといったことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です