コピー機のリースサービスを活用して生産性アップ

最近はコピー機が大変機能が高くなり利便性が向上している傾向があり、SNSやニュースなどで話題になっているのはご存知でしょうか。従来のようなファックスやスキャナーとしても、大変機能性が変わってきているという側面もありますし、1枚1枚の複写スピードも大変向上し、数千枚の印刷物を数分で完了することなども可能になってきています。カラートナーなどを使えば、カラー印刷もとても美しく鮮やかに行うことができるようになりますし、生産性アップのために大活躍してくれることは間違いないでしょう。機能が高くなっている一方で、操作性はとても簡単になってきているというのも大きな特徴のひとつです。

大画面のタッチパネル式で基本的に操作は行うため機械が苦手な人などでもその日から使用を開始することなども簡単にできますし、最近はコピー機のリースサービスやレンタルサービスなどの充実しているので、導入も低コストで始めることができるようになります。レンタルもリースもどちらも貸し出しどういう点だけ見れば違いはありませんが、期間の長さで呼び分けている傾向があります。3年程度を基準として、それよりも短い数日や1年程度の貸し出しをレンタル、3年~7年といった長期的な貸出をリースと呼ぶのです。つまり日常的にコピー機を必要としているケースであればリースの方がおすすめで、イベントや研修会などで一時的に大量の印刷物が必要という状況の人はレンタルサービスを利用するのが良いということが言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です