コピー機をリースで導入するなら把握すべきこと

最近はコピー機の進化がめざましいものになってきています。テレビなどでもよく取り上げられますが、FAX、スキャナ、プリンターとして使い勝手が非常に良くなってきているということは、もちろん一枚一枚の複写スピードなどもかなり向上しているということが言えるのですが、操作性も格段に上がってきていて大画面のタッチパネル操作ですべての操作を行うことができるようになるため機械が苦手な従業員などが入るようなケースであっても、一つ説明をしなければいけないと言ったことも必要なくなります。教育コストなどといったものも削減することができるようになるのってあるので、さらにはインターネットなどを経由して必要な機能を随時拡張していくことなども簡単に行うことができるようになります。一台あたりの導入コストなんとか心配な人は是非ともリースやレンタルサービスなどを併用することで、手軽に導入を進めていくということがお勧めです。

要するにどちらもコピー機の貸し出しサービスということなのではありますが、貸し出しの期間が異なるということで両者にはかなり大きな違いがあると言えるでしょう。長期的な貸出を行う方法をリース1日や1年など短い期間の貸し出しを行う方法レンタルと呼ぶのです。イベント事などを一時的に印刷物が必要になっているケースであれば、レンタルで十分ですが、日常的に使用するコピー機をお求めであれば、リースサービスの方を使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です