導入までもスピーディーなのはレンタルするコピー機

申し込みさえすれば即座に機器がオフィスに届くわけではなく、リース契約のコピー機には審査があります。必要な書類を揃えたり、申し込み後に時間がかかったり、急いで使いたい時には焦りが出るかもしれません。そんな面倒な過程がないのがレンタルであり、この場合はリースとは異なり審査がないです。リース契約における与信審査基準の詳しいことに関して、利用者希望者に内容を知らせることはありません。

なぜリースは審査があってそれは厳しいと言われるのか、もし通過しなかった際にも理由さえ教えてもらえないためです。長期的な契約になりますし、機器の代金を最初に立て替え、後から毎月支払うスタイルなので、様々な視点からの審査を必要とします。代表取締役にあたる人、もしくは企業自体に滞納の過去があるのは厳しいです。申し込み会社の継続年数もチェックされるポイントであり、3年以上は経営が続いているかも見られることになります。

もしも取締役がかなり高齢者であった場合、連帯保証人を必要とするケースもあるなど、リース契約を完了させるまでには、あらゆる壁を突破しなければなりません。ところがレンタルをするコピー機であれば、頭を悩ますこうした事態にはならないです。審査という気の重いステップがありませんから、レンタルのコピー機ならば申し込みをして、実際にオフィスや希望の場所への導入もスピーディーにおこなわれます。ボリューム満点のリース契約の書類などを、用意したり書いたりする必要もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です