カード印刷を業者に依頼する場合

カード印刷には、名刺からショップカード、診察券やスタンプカード、ミシン目の入ったチケットまで様々な種類があります。専用のラベル作成ソフトやワープロソフトなど手持ちのソフトを使って作成からカード印刷までが可能な場合がありますが、テンプレートのデザインがシンプルで、同業他社と差別化するのが難しい場合がありますし、用紙の種類が限られてしまいますので、業種や会社によっては向いていないこともあります。カード印刷を依頼するには、近くにある印刷業者やインターネット専門の業者を利用するといいでしょう。直接印刷業者に頼めば、デザインを打ち合わせしながら決められますし、素材の質感なども確かめながら作成できます。

インターネットから頼む場合には、ソフトを使って作成するように、画面を操作しながら作成します。業者の中には、出来上がりの状態が分かるサンプルを送ってもらえる所もあります。マウスの操作やキーボードで入力するのが難しい場合は、最寄りの業者に依頼するのが最良の方法ですし、パソコンの操作に慣れていて、打ち合わせの時間を取るのが大変であれば、ネットの方が向いています。カード印刷では、大量に必要な場合は製版作業をしてコストを下げられるオフセット印刷が向いています。

営業の方に使われる法人名刺やショップカードのように多く使われるものに向いています。少量で済む物や、製版せずにすぐに作成可能な物については、オンデマンド印刷が適しています。商品のタグやトランクや土産用に仕訳する荷札のような物にも向いているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です