カレンダー印刷する時の注意

企業が作っているカレンダーはいろいろなところでもらうかもしれませんが、自分でカレンダー印刷をすることが最近はやっているようです。パソコンだけではなく須磨もでも簡単にカレンダー印刷ができるのです。自分が持っているプリンターでカレンダー印刷することもできますが。スマホからデータを送ることによって専門業者が対応してくれるサービスもあります。

では、どのようなカレンダーが人気でしょうか。自分がほしいカレンダーと人に使ってもらいたいカレンダーは同じとは限りません。逆に大きな違いがあるでしょう。カレンダーのデザインで重要なのは写真などをメインにして、それを見てもらいたいとアピールしているカレンダーの場合と、スケジュール管理のためのカレンダーのどちらを考えているかということです。

書き込みがメインの場合は、写真や画像は少なめにしておいて、予定をたくさん書きこむスペースが必要です。画像よりも余白のほうが広いのです。個人的なカレンダーを作る時には、人に使ってもらいたいと思うでしょう。自分のビジネスの宣伝を少しだけ入れて、後は余白にしておけばカレンダーを使ってくれるのです。

何の変化もなく、ただ、壁にかかっているだけなら誰も見ていません。会社の社名を見ている人はほとんどいないのです。宣伝効果を高めるためには、毎日カレンダーを見てもらう状況を作らなければなりません。それがスケジュール管理です。

今日は何日か、来週の月曜は何日かという打ち合わせをする時に、ふと目が行くのがカレンダーでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です