東京高速バスでのバス酔い対策としてできること

快適な移動手段となる東京高速バスですが、乗り物酔いが心配になることもあります。

自律神経が乱れてしまうのが乗り物酔いを招く要因ですが、予防をすることもできますし、もし酔ってしまっても対処があるので心配無用です。間接的なことと直接的な理由が乗り物酔いにはあり、それらに対しての対策を知っておくと不安も少なくなります。排気ガスや車中などのニオイや三半規管の乱れの触覚によるもの、そして強い光や景色などの視覚の影響が直接的原因です。

バス酔いの不安を持ったり、睡眠不足などの体調不良は間接的要因になります。お出かけのスケジュールは前もって決めているものですから、東京高速バスに乗る前には、十分な睡眠をとりコンディションを整えておくことです。何も食べないのも良いとは言えませんが、食べ過ぎての乗車はバス酔いを誘発します。食事を東京高速バス乗車前にするなら、腹7分目から8分目程度にすること、消化が良い食べ物を選ぶことです。酔ってから飲むのではなく、心配なら酔い止めの医薬品を飲んでおくようにします。

座席が指定できるようならば前方が見える席を確保して、窓を開けられるようならば、周囲への配慮を忘れずに窓を開けて、外の空気を入れるのも対処のひとつです。締め付けのきつい洋服は胃を圧迫したり、酔いやすくなるので、衣類はゆったりとしたものを選びます。高速バスは乗る時間も長いですが、近くを見ることになるゲームや、読書などは避けることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *