東京高速バスの足元冷え対策に靴下やレッグウォーマー

車内の温度は長時間の移動の東京高速バスでも気になりますが、足元が冷えてしまったり、席も窓側は冬シーズンだと寒く感じる事があります。

車内の温度は冬などの季節的なことだけではなく、雨天などの天候や座席でも左右されがちです。長い時間の移動になる東京高速バスですから、足元が冷えるようであれば、厚手のモコモコソックスを選ぶなどの対策もできます。保温性抜群のウェットスーツ素材の防寒ソックスや、レッグウォーマーも足元を暖かくしてくれるアイテムです。

レッグウォーマーは足元の防寒には優れていて、ひざ下から足首まであたたかくなります。ボトムスの時にもその上からの着用ができますし、スカートの時にも足全体を冷えから守ってくれる素敵なアイテムです。

特に筋肉量の少ない女性は冷えを感じやすく、ふくろはぎは筋肉量も少ないので、ふくろはぎを温めるようにします。足首やふくろはぎはレッグウォーマーに任せますが、できるだけ締め付けの少ないタイプを選ぶことです。冷えを防止するためにも、ツボの三陰交をカイロで温めるのも良い方法になります。低温火傷には要注意ですが、東京高速バスの車内での足元の冷え対策の一つです。地面からの冷えには、防寒対策になるインソールを使うこともできます。調整ができるヒールアップできるタイプは便利ですし、同時に美脚効果まで期待できるのは、女子にとっては大歓迎です。地面からの冷えを通過させないアルミと、温かさをキープするフェルトの、2層タイプのインソールも役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *