日帰りスキーに行くポイント

ウィンタースポーツといえば、スキー、スノーボード、スケートなどがありますが、大自然のなかで楽しめるのが魅力です。

本当は泊まりで行きたいけれど、時間が無いという方も多いと思います。日帰りスキーでも、たっぷり楽しめるテクニックを紹介したいと思います。クルマで行く場合は、やはり高速道路から近いスキー場がおすすめです。東京からですと関越自動車道や上信越自動車道沿いなどにインターチェンジから近いスキー場があります。

週末は渋滞があるので、ちょっと早めの行動が日帰りスキーを目一杯楽しむポイントです。朝早く到着すれば、ゲレンデも整備されていますし、パウダーを楽しめることもあります。午前券や時間券で滑って、リフト券の有効時間が終わってからゆっくりランチという作戦を取るのもポイントです。新幹線で日帰りスキーに行く場合は、リフト券やレンタルスキーがパックになっている商品がお得で便利です。

新幹線の駅からスキー場までの送迎バスの時間は、事前に調べておくのもポイントです。新幹線でスキーに行くというのは、お金はかかりますが、移動時間は短いうえ、渋滞に巻き込まれることもないので、とても快適です。スキー場でビールを飲んでも、帰りの新幹線で一杯飲んでも安心です。スキーバスは朝出発も便利になっています。スキー場での滞在時間は短くなりますが、ガツガツ滑るのではなく、雪景色を楽しむのがメインという方には、値段も安いので、オススメです。行くスキー場によって、値段が違いますので、リフト券がついているか等も含めて、よく比較するのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *